Via Gottardo (47) Biascaに着いた トンネルから出た


平地に下りて最初の町がPersonico(標高325m)。Giornicoから3時間半くらいでここまで来ればバス停もあります。ここからBiascaまでの1時間20分くらいはずっと平坦。

Personicoの印象は「石」。すべてが年月を経た石で出来ている感じで。

石の柱 いろんなものに石を使っている

ブドウ(目的は当然ワイン!)の木の支え。ここも切り出した石を使っています。Personicoの町の北側にある「Grotti」。Grotto(複数形はGrotti)とはスイスのイタリア語圏によくある石造りの建物で集落でも涼しい場所にあり、昔は食料貯蔵庫として使われていました。より涼しくするために木々に囲まれており、現在は改装されて地元食材を提供する屋外レストランになっているところも多いです。

参照:Ticinoの公式観光サイトによるGrottiの説明

毛刈りをされた後の羊たち

Ticino川に沿って歩きます。Personicoの北、川の対岸のBodioでErstfeldから延々続いてきた鉄道トンネルは地上に出ます。正確に言うとBodioの町の東、Personicoから川の向かい側、すぐ北側で顔を出します。ちなみにゴッタルド鉄道トンネルは、この先BellinzonaとLugano間を結ぶCeneri(チェネリ)鉄道トンネルが今年の9月に開通予定。こちらと合わせて鉄道での所要時間が一気に短縮されます。

ここら辺はこのような普通の柱

ほとんどBiascaです。このあたりに来るとブドウの木の支柱は普通の鉄製。これはTicino川ではなくBrenno川。向こうに鉄道も通る橋。BiascaはBlenio、Levantine、Rivieraの3つの谷の合流地点で古く交流の盛んな豊かな地でありました。Brenno川の奥にはBlenio谷。谷の先にはLukmanier峠があり、その先にはSonnental(Sun Valley)。

Biasca!15:55

Biascaに着きました。15:55。朝の8時半にLavorgoを出発して教会内で写真を撮る以外は休むことなく歩いてきました。正面の建物の後方、斜面上方に教会が2軒ありますね。小さく見えるのでかなりの上方。へとへとというよりヘロヘロですが、ウォーキングハイ状態になっているのでこのまま上っちゃいました。

上の地図の左側から歩いてきています。Biasca駅は地図の下端。駅の前にPiazza Centrale di Biasca(Biasca中央広場)のCasa Cavalier Pellanda(写真ないけど16世紀の建物)から教会まで上ります(ハイキング路の表示あり)。

二つある教会のうち、左側(西側)の大きいのがこちら。San Carlo教会。

ここからさらに、一つ目の教会を見下ろすくらいまで上がると二つ目の教会に出ます。Biascaの町と、画面奥から右奥の山の間に続いているのが歩いてきたLevantineの谷。中心から右手前に続くのがBlenio、左に続くのがRivieraの谷。三つ合わせてAmbrosian valleyというそうな。

Pietro e Paolo教会

Santi Pietro e Paolo教会は11世紀の建造。地図上ではピンクの目玉マーク(見どころ)がついてるところですね。こちらの内部のフレスコ画(12~17世紀)は次回。教会からVia Crucisをたどります。栗の木の間に14のお堂が点在する小径をたどります。Cascata(滝) Santa PetronillaはCima di Biascaという山頂の湖を源とし、Biasca上方の岩から流れ落ちます。古そうな橋(ロマネスク様式)を渡りOratorio di Santa Petronilla(1742年、地図では下のピンクの目玉マーク)と同じ名前の滝。Biascaの町。さて何故それなりに高いところに教会を建てたのでしょう?BiascaもBodioも川と同じ高さにある町は何度も大きな地滑りや洪水を受けていました。だから大事な教会は山の上に。

列車からも見えるBiasca駅のそばの滝

Biascaの駅から列車に乗ります。イタリア語圏ではドイツ語圏のSBBから変わってFFSが連邦鉄道になります。駅はStazione。滝Cascata Santa Petronillaは遥か上から流れ落ちますが、一度見えなくなった後、再び駅の真後ろに姿を現します。列車からも駅からも見えるBiascaのシンボルです。

BiascaはまたErstfeldから続いてきたGottardo Wanderwegの終点です(7番の道Via Gottardoと被ってる)。Biascaの手前から、谷の対岸の高所をつないでいた2番の道Trans Swiss TrailがVia Gottardoと合流しChiassoまでほぼ同じ経路をたどります。

ViaCrucisの説明 Ticino州の公式観光サイト:https://www.ticino.ch/en/commons/details/Itinerario-culturale-Biasca/3157.html

鉄道と歩く!Gottardo wanderweg: https://www.gottardo-wanderweg.ch/index.php/en/

Copyrighted Image

error: Content is protected !!