Via Albula / Bernina(5)Landwasser viadukt

Alvaneuの駅を過ぎ、左手の線路と右手の車道の間の広々とした緑の中を歩いています。左側に牧場の建物が出てくる横の小径を進みます。この辺り、2013年の秋に歩いた時には33番の黄色や赤白のマークよりもWasser wegの表示の方が多かったです。橋が近づいてきました。

橋は二つあります。ピンクの目玉マークがついている所と、それより左側の989の数字の上方、赤丸付き緑線(33番の道)のヘアピンカーブの先端にあるのが、もう一つの橋。赤い線が鉄路。私は左側から歩いてきています。

今回のハイキング行程上に橋は二つ出てきます。ピンクの目玉マーク(地図上の見所マーク)がついているのが一つ。私は地図でいうと左側から歩いてきていますが、それより先に赤丸付き緑線(33番の道)と赤い線で表示されている鉄路と川が交差している地点に最初の橋があります。

AlvaneuからWasser Wegか赤白のマークがついた黄色の道標たどり真っすぐに、やがて牧草地帯から道なりに曲がって、川沿いを少し進むと最初にやや茶色の橋のたもとに着きます。

Schmittentobel Viadukt、高さ35m、長さ137m。Schmittentobel は川の名前。ちなみにViaductが英語、Viaduktがドイツ語でそれぞれ高架橋。

こちらが一つ目の茶色がかった橋。橋から遠ざかって振り返った所。

この先の二番目の橋がレーティッシュ鉄道の観光の目玉であるのに対し、こちらはずっとひっそりとしています。鉄道上にはこのようなそれほど有名じゃない橋が沢山あります。川にかかる歩行者用の橋を渡り、そのまま道を続けます。もう一回、この小さな川を渡って舗装路に出る前に、左手にLandwasser viaduktへの表示が出てきますので忘れずに往復します。

もう一つ、真っ白の、より高い橋

Landwasser viadukt(ラントヴァッサー高架橋)は高さが65m、長さ136m。1901年から1903年にかけて造られ、緩やかなカーブを描いています。橋の足元は広々としていて説明パネルもあるので、ゆっくりできます。


ちなみにレーティッシュ鉄道で一番高いのはSolisbruckeで、TiefencastelとThusisの間にあります。私が寄らなかった橋です(前々回のブログ記事)。橋の体積はLandwasser viaduktが900㎡とSolisの3倍あります。この橋の先にもハイキング道は続いています。ここからLandvasser川と峡谷沿い、鉄路沿いのDavos Wiesenの駅、その先のMonstein駅までのハイキング道では数多くの「橋と鉄道」が撮影できるようです。解説にわざわざそう書いてあるからよっぽどだと思います。上の地図上のピンクの目玉マークから川沿いに続く緑の線であらわされたハイキング道で、参考までにそのAlter Zügenweg(その名も鉄道の道!)のサイトは:

https://www.schweizmobil.ch/en/hiking-in-switzerland/routes/route-0789.html

http://www.igzl.ch/zuegenschlucht.html

さて名残惜しいながらも橋に別れを告げ、Filisur駅に向かいましょう。舗装道路のカーブとの合流地点から、舗装路には出ずに川を渡ります。

登って、線路に着いた 左に行くと別の角度から橋が見えます

ここからFilisur駅までは二通りありますが、緑地を上り続ける道を取ると線路に着き、線路を越えることになります。線路を越えたところに左に行く道(すべて表示あり)があり、そこを進むと上から橋を眺める展望ポイントに行けます。興味がある方は地図で確認してください。

駅方向、右に向かう 線路を見下ろせる

橋に向かわずに右に向かうと線路を見下ろしながら駅に向かいます。

Filisurの町

Filisurの町が見えてきました。町は駅のずっと下にありますが、駅には併設のカフェがあります。Filisurで鉄路はDavos(ダヴォス)方向とPreda方向へと分かれます。

Tiefencastel-Filisur 12㎞、上り累計440m、下り240m

公式参考所要時間 3時間20分(橋への往復時間と距離は含んでいないと思われる)。

列車の窓から撮るとこんな感じ。橋が円を描いていること(直径100mの円の一部)、橋の前後はすぐトンネルなことがわかります。

Filisurとこの先Bergün周辺の観光案内サイト

https://berguen-filisur.graubuenden.ch/en

歩行、写真は2013年10月中旬、地図は

https://map.wanderland.ch/

Copyrighted Image

error: Content is protected !!