Via Spluga (8) 極秘だった軍事要塞 Crestawald (前)

Roffla峡谷の先からの西へ向かう道の先。広いところに出る直前、画面真ん中にFestungmuseum Crestawaldとあるのが秘密の軍事要塞基地。完成した1939年から役目を終えた1995年まで、存在自体が極秘でしたが今は一般公開されてます。

こちらが受付。バス停が近くにないので車か自転車か歩きでしかこられません。入館時に身分証を預けました。

www.crestawald.chより

入口が右下の1番で標高1345m、山腹にすっぽりと隠されていて、8番が後述するミサイル砲(訳し方は不明)ルクレチア(1354m)、12番が2番目のミサイル砲シルヴィア(1368m)、14番が見張り口(1378m)。

とにかくアップダウンがきつかった。このような階段を昇り降りします。広い。サイトには歩行が不自由な方もほぼ全ての場所を見学できます、とあるけど本当かしら~私が訪れた8年前と比べてバリアフリー化が進んでるのかもしれません。当時は内部を一人で勝手に移動してみていく形式でした。

ここ、イタリアとの国境のすぐ近くなんですよね。そしてスイスはイタリアとドイツの間に鎮座しています。ということで、イタリア国境まで到達できるミサイル砲?が二つあり、名前がシルビアとルクレツィア

もう一つのミサイル砲

要塞の外部からはこのようになっていて、岩の上にミサイル砲があります。要塞が現役で使われていた当時はもっと巧みにカモフラージュされていたかもしれません。

別の角度から 右下に入口の受付があります。山全体が要塞

もう一つのミサイル砲の外からの様子。

作戦指令本部のようですが発射制御センター。敵の動静を監視して得られた情報がこちらに送られて、ここで軌道や発射方向などを計算してルクレチアとシルビアに送られたわけです。

情報は電話や無線でやり取りされていました。

要塞の存在そのものが秘密になっていたので、別室には駐在する兵士と家族の連絡専用の郵便業務本部もありました。

(続きます)

2021年の公開は5月末から10月くらいまで。大人の入場料は10フラン(2021年)

Crestawaldの公式HP(ドイツ語のみですが、成り立ちや内部の装備など充実の内容)

https://www.crestawald.ch/

グラウビュンデン州内の見学できる軍事施設 要塞だけでも40あるとか。

https://www.festung-graubuenden.ch/

公式観光サイト内の施設の案内

https://viamala.graubuenden.ch/de/regionen-entdecken/rheinwald/festungsmuseum-crestawald

Copyrighted Image

error: Content is protected !!