Via Sbrinz (23) Ponte/Zum Schtäg

Formazzaの谷沿いの村。イタリア語とドイツ語の二か国語の名前が読める(地図はクリックすると拡大します)

Rialeから出たところ。

滅多にないことだけど、いや、ここ25年以上無かったことだけど、この日私は宿を予約していなかった。Rialeに泊まろうかと漠然と考えていたが、少なくとも2014年の時点でRialeにある幾つかの宿ではオンライン予約が出来なかった。

予約サイトで気軽に予約するのにあまりに慣れ切っていたのだろう、電話をするのを躊躇してたら当日になってしまい、一人だし何とかなるだろう~と出かけてしまった。そう、私は電話が苦手、日本語ででだって電話はなるべく避けたいくらいなのである。

Rialeのカードが使えそうな大きな宿には空室の札が無く、また思いがけず早くに着いてしまったので私はそのまま歩き続けることにした。

滝の横を通る。

途中、大きな滝の横と真正面を通る。この辺りは氷河と氷河に削られた地形が広がっていて、滝も多いらしい。Castata del Toce/Tosafälloは143mの落差のある滝。

ここもまた観光地。レストランあり。空腹だが宿が心配なので休まず歩き続ける。局地的に人が多いがあとは静かな歩き。

Ponteの町に着く。ドイツ語の町名はZumstäg。スキーリフトが稼働している。またしても人が多い。たどり着いた大きなホテルは満室だったが、親切にも別の宿を調べて紹介してくれた。すぐ向かいよ~と言われたが全然わからず。

観光案内所(18時半まで開いていた!お昼休みが長いのだけどね)で尋ねたら電話してくれて迎えが来てくれた。ありがたい。そのB&Bはドイツ語とイタリア語のみだったので、案内所の協力が無ければ危なかった。ありがたい。

部屋は昔の凝った家具でいっぱい。あと随所に手芸好きな感じが。クロスステッチでタオルにB&Bの名前が刺繍してあったり。久しぶりだ、こういうの。小さな町にもかかわらず、リボンや布を扱う店があった。そういう土壌なのか?

Ponte

夕食は別のレストランでようやく19時から。それまでは食べられません。うん、イタリアだ。Polenta(ポレンタ)は小麦がとれなかったイタリア北部の山岳地帯発祥の、昔は粟やキビ、今はトウモロコシ粉を使った料理。きのこのポレンタ11ユーロ。前菜にミニパスタもつけちゃお4ユーロ。沢山歩いたし、全然休憩してなかったから。ワイン2ユーロで計17ユーロ。宿はバストイレ共同で35ユーロ(2014年)。先ほど見たら40ユーロになっていた。

Ponteからのバスは限られているので、Ponteで宿に泊まれたのは非常にありがたかった、というより危なかったー 車が無い人はその日の宿は早めに決めるよう気を付けましょう。イタリアの人出の多さは意外であった。

参考所要時間:Riale(標高1731m)-Ponte(1290m)間 2時間。Rialeから45分くらいの所に滝があり、レストランが開いているかも。それ以外にはトイレ等なし。PonteからDomodossola行きのバスあり。そのうちの数本、夏期のみRialeと滝に停まるが、ほとんどはPonte止まり。

バスの時刻表は以下のサイトで見られるが、リンクが切れていたら「Ponte Domodossola bus」のような語を入力して検索してください。

http://www.comazzibus.com/eng/orario.php?p=26

イタリアのバス時刻表(Orari)の見方、特に上記の時刻表についてる符号の解説

Aとある欄は-lugio(7月)e(と)agosto(8月)のみ運行

Bとある欄は-giugno(6月)とsettembre(9月)のみ運行

Fer(Feriali、単にFだけの時も)平日

Fes(Festivi、H、Holiday)祝日

Giornaliera(G、Tutti)毎日。

イタリアのバスはバス停が見つけづらかったりもします。頑張りましょう!Forza!

写真と歩行は2014年の8月中旬

地図はhttps://map.wanderland.ch/から引用しました。

コメント

  1. 合言葉は同じ誕生日! より:

    ネット予約できる宿はありがたいですよね。ちなみに国内の離島の民宿、今もほとんどが電話予約です。宿の人も紙のノートで予約管理してました。世代がもう一つ変わればネットのスケジューラー使うようになるのかな。

    • panorama-alpin より:

      1980年代に北海道を旅した時は、当日YHに電話して宿を決めてましたわ。あの頃は周遊券があったのでほぼ乗り放題だったし。
      言葉が違うところだと特に、ネット予約は証拠が残って便利なのですが、宿が予約サイトにかなりの手数料を払わされていると聞いて複雑な気持ちです。

Copyrighted Image

error: Content is protected !!