サッカー観戦とバーベキュー  W杯の出場国決まりました

祝! サッカーW杯2018 スイスの出場決定

3月の最終日曜日、ヨーロッパは夏時間に切り替わります。夕飯時が過ぎてもまだまだ明るく、さらには気温もぐんぐんと上がります。となると、人々は次々と外で晩御飯を食べるようになります。って、これ書いているのは曇天の11月なのですが。

サッカーのワールドカップが開催されるのは6月中旬から7月中旬にかけて。スイスでの学校の夏休みの始まりは7月後半。W杯期間中は、少なくとも学童期の子供がいる家庭はまだバカンスに出かけていません。というわけで、子供を持つ年代の人々が友人同士誘い合わせて行うのが「W杯観戦しながらのお食事会」そしてよくあるお食事が、お外でバーベキュー なのです。

バーベキューの場所は、昼間で大がかりになると郊外の緑の中にあるRefuge(市町村が管理しているバンガローみたいな建物にBBQ施設、トイレ、キッチンスペースがあるもの)を借りたりしますが、近所の河辺や森の中のスペース、家の庭、狭かろうとベランダやテラスでじゃんじゃん肉を焼きます。当然近所にも匂いますけどね。

2018年はワールドカップ、これは4年おきですが、W杯がない偶数年にはヨーロッパ選手権(EURO)があり、そんなこんなでサッカーの試合を皆で観戦しながらだらだらと肉を焼くのは、なかば年中行事のようになってます。選手権がない年には予選があるし。バーベキューなら料理に手間がかからないし、男性陣の誰かが肉焼いてくれるだろうし、面倒だったら酒飲んでればいいし、サッカーに興味が無かったら、やはりビールでも飲んでればいいし。会話に参加したくなかったら、サッカーに集中するのもありだしな。

さて、こんな商機が黙って見過ごされるはずはなく、春先には早々と、大手スーパーなどが「成功するバーベキュー」等の特集を組んで肉の消費を推し進めてきます。

これは去年、2016年のヨーロッパ選手権のトーナメント表

去年2016年はEUROの年。出場国はヨーロッパのみ、これはこれで実力が拮抗するのと極々近隣同士での戦いになるので、妙に盛り上がりますね。2016年に各家庭のポストに投函されていた大手スーパーCOOPの肉特集の広告パンフレットには、EUROのトーナメント表が付いていました。そしてスイスは開催国フランスと同じグループAでした。6月10日の第一試合は開催国フランスとルーマニアのはずでしたが、、、

開催国なのでグループAの第一試合、Veanceってどこよ?

ん?フランスの表示が「France」ではなく「Veance」になってるではないか!

トーナメント表のしょっぱなですよ。ここチェックしなかったのか?一応、Veanceに「開催国」とか「オーガナイザー」などの意味がないかと検索しましたが、単語自体が存在せず。日本だったら国際問題だ!回収して陳謝だ!となるのではないでしょうか。全家庭用に配布ということは相当な枚数刷っちゃってから気付いてそのままにしたのか、いや、最後まで気付かなかったかも。フランスってお隣の国なんですけどね。ま、国旗見れば殆どの人がフランスって解るからいいといえばそうですね。ということで東京オリンピックで準備に忙殺されている方、世界にはこのくらい適当な国はザラにありますので、誰も迷惑をこうむらないようでしたら、驚くようなミスも面倒だったらそのままで、というわけには日本ではいかないんでしょうが、皆さま、お身体ご大切になさってください。

さて、フランス語だと英語とはかなりかけ離れた表示になる国が結構あって、この時私は「ウェールズ」が「Pays de Galles」(ゴール人ーケルト人の国)と表記されることをこの時知りました。

サッカー観戦とバーベキュー、自分の身近な国が出場していると、それはもう、より楽しいですね。侍たちも頑張ってね!

Copyrighted Image

error: Content is protected !!