Elm (10) Elm Höhenweg Martinslochが見えた!

Elm-Höhenweg本道から離れてちょっと険しい道を。赤の細い線で谷を迂回したら、黄色の線で描かれた道に入ります。Elm-Höhenwegの上を平行に歩く感じ。

霧は完全には晴れなかったものの、

Sernf谷を挟んで向かいの山々をよーく見ると

穴が見えた!

拡大。

逆三角形の穴”Martinsloch”が見えます。

14時半 Empachli(Ampachli)にある Bergrestaurant Ampachli。 建物が上下二つあるので降りていく。オンシーズンだと上下ともレストランが開いていそうですが(冬とか)、この日は下の建物のみで営業。すぐ隣にElmの町まで下りるロープウェーがありましたが、

ロープウェー使わずに歩いて降ります。

先ほどよりはっきり穴が見えました。

穴とともにマジックライン(乗り上げ断層)も確認できた気がします。HöhenwegはHöhen(高いところ)のweg(道)ですが、高いところを歩いているから穴が見えるというわけではないです。Elmの町からでも見えるときは見えます。この数日は天気がイマイチで、なかなか晴れなかったので、雲の切れ間に見えたのが嬉しかった。

Elmの町に到着。真ん中右寄りの塔がちょこっと見える建物がSt. Martin教会。

後方の山々は東にあたり、一年に二度、山に開いた穴からの光が鐘楼を照らします。

Elmの西側斜面はロープウェーが多数あり冬はスキー場。Elm出身のアルペンスキー選手で最も有名なのが、Vreni Schneider。2020年に過去70年間で最も偉大なスイスのスポーツ選手選手権(テレビ主催)では男がテニスのフェデラー、女では彼女が選ばれてました。スイスのスキー界では圧倒的な存在だったのだそうです。

彼女の経営するスポーツ用品店がElm町内にあります。店にはそれほど出てないそうですが。

写真と歩行は2021年8月下旬

Elm-Höhenweg:今回私は途中から違う道を歩いたりしましたが、ObererbsとÄmpächliの間だけなら6㎞、1時間40分のファミリー向けコースです。累積上り150m、下り380m。6㎞・1時間とは、Ämpächliからはロープウェーで下に降りた場合です。

https://www.schweizmobil.ch/en/hiking-in-switzerland/routes/route-0817.html

Copyrighted Image

error: Content is protected !!