Via Gottardo (22) WassenからAmstegへ向かう

Wassen(標高914m)から北へAmsteg(519m)まで下ります。山と山の間に川・鉄道・道路が平行に走るのは同じですが、ご覧のように、AmstegからErstfeldの間に比べて、谷がずっと狭い!

Wassenを出発します。バスが走る道路から脇の小道に降りていきます。左下、かなり下に線路が見えます。
Wassenから左手(西)にReuss川の支流、Meienreuss川が流れています。この川に架かる鉄道橋がMeienreussbrücke。手前から上流にかけてUntere、Mittlere、Obereと3基かかってます。写真はUntereですが6月中旬なので木の葉が生い茂ってます。線路は単線だったのが1900年ごろには複線になりました。輸送力増強のため1954年には従来の金属製の橋がコンクリート製にとってかわられましたが、表面を天然の石で覆ってあるそうで、なるほど自然な感じ。Pfaffensprung、池のように見えていますが、ここでReuss川の水を貯めて隣接する水力発電所で使用します。この水はさらに下流のAmstegの水力発電所に送られます。
線路のすぐ横に出ます。うん、この近さ。線路と列車とともに、トンネル(短い)を進みます。トンネルを過ぎて、丘の上。もう少し先に進むと線路が見えてきます。

ループ!

線路がループしているのが見下ろせます!Häggringenとあるあたりです。前回お話ししたWassenの北の線路がスパイラルループしている箇所です。

線路は左下に見える

買ってしまった 2CHFの

歩く道沿いにはポツンポツンと建物があります。通年人が住んでるのもあれば、夏の間だけの家も。”Kristalle”、とある家の軒下に超小規模な無人販売所があり、買ってしまった。きれいな石。

線路の下をくぐる。発電所の前あたり。

Gurtnellenの町が見えてきました。以前、Erstfeldの近くにあった「仮設橋」が元々あったところです。

歩行と写真は2013年6月中旬

ロングトレイルVia Gottardoの公式サイト Altdorf-Wassen区間はこちら

Copyrighted Image

error: Content is protected !!