Via Albula/Bernina (25) Brusioのループ橋

https://map.wanderland.ch/

Thusisから歩いてきたVia Albula/Bernina、私はひとまずここでお休みです。今年の8月、歩き残したPoschiavoから先の部分を歩いたのですがBrusioで断念。理由:暑かったから!残すところあと8㎞、2時間、昔だったら無理してでも歩いてるところですが。しかも駅から15分くらいのところにあるループ橋にさえ行ってない。何たる怠慢。今日の写真はすべて車窓からのものです。このループ橋は乗って眺めて楽しい車窓、Thusis-Tirano間の数ある名所の中でも随一の楽しさだと思います。そしてこちらもすぐ近くまで、否、ループの内側までアクセス可能です。一度など、ループの中の草を干し草用に刈って干してましたから。ここ以外でも、あの橋、この橋、よっぽど危険な箇所以外は見上げたり、見下ろしたり、線路に近づいたり横断したり、本当にすぐ近くを歩けます。しっかりした足元装備で臨まなければならないところも、街着で気軽に散歩できるところも、Albula鉄道とBernina鉄道の沿線には素敵なハイキング道が沢山あります。このブログを読んで一部分でも歩いてみようかな、と思う方がいらっしゃれば私としても嬉しいです。Brusioから先Tiranoまでの区間、私は未踏ながらも

http://www.webwandern.ch/en/stages/#!videoplayer&etappe=10

のサイトで見てみました。イタリアに入ってからTiranoの街に入る直前しばらく歩く山道、これがちょっと荒れた感じでしたね。もっともハイキング道は日々変わりますので、たとえスイス内だとしても現場の状況に対応して歩いてくださいね。

Tiranoには駅舎が二つ、大きいのがイタリア鉄道、小さくてDogana(税関)とあり、スイス国旗がついているのがレーティッシュ鉄道が発着する駅舎です。Doganaとはあれどパスポート審査などはありません。TiranoからLugano行きの直通バスに乗るなら二つの駅舎の間の階段を下りて、イタリア鉄道の駅の反対側に渡った所に乗り場があります。しかしこの予約が必須のバスは喧伝するほどの眺めじゃないと思う。しかも乗車券に加えて予約料が14CHFもする。ルガーノに近づいてからは常に渋滞気味の細道をかっ飛ばしていくのでむしろ怖い。こう書いてしまうとネガティブキャンペーンになってしまいますが、常に某国の団体客で埋まってますから私がこう書いても営業的には問題ないでしょう。
Brusio駅の南の拡大地図です。赤い細線が鉄道でループして高度を稼いでます。赤丸がついた緑の線が33番の道。緑のハイキング道から、黒破線の細道でループに近づけます。

写真は2012年と2018年の8月

Copyrighted Image

error: Content is protected !!