Via Albula/Bernina (19) Cavaglia

1

Cavaglia(カヴァグリア 1693m)に着きました。ここは1960年代までは年間を通じて近くの水力発電所に携わる人などが住んでいましたが、現在は自動化されて人が常駐しなくてもよくなり、夏の間の観光産業がメインです。駅、レストラン、ホテルがあります。

2012

駅のホームにはビュッフェあり。トイレは駅に無料のがありました(2018年)。正面に見える木々に覆われた山が、下りてきた山。よく歩いたなあ、と自分を褒める。

2012

手前には木々が森になっている山が、その後ろには草地が中心の、もっと高い山が見えます。手前の山の真ん中あたりに列車が見えます。ここから山の稜線に沿って視線を右に移すとAlp Grümの駅、そこから上に上がって右端に小さく見える建物は駅から少し登ったところにあるレストラン。
Cavagliaの駅から南に10分くらいのところに、<Marmitte dei Gigantiー巨人の鍋>という名所があります。地質用語ではポットホール、甌穴というのだそうで、深さが10mにも達するのもある「穴」です。氷河は急な斜面を移動する際には、大量の氷河を削りながら流れてきます。傾斜が緩くなっているCavagliaには、こうして運ばれてきた氷河が堆積します。

これがMoti da Cavagliolaと名付けられた、丘のような地形。ここからのPoschiavoの谷の眺めがきれいです。堆積物を置いて身軽になった氷河は再びスピードを上げ、丘陵の下には巨大な割れ目ー空間が水平に広がります。氷河の表面を流れる水はこの空間に流れ込み、時速400㎞にもなるその流れは石などがあると強い渦を引き起こし、氷河の下にある岩をも深く削ります。
数千年後には深い穴となり…今から3万から2万年前の話だそうです。1万年前にはここまで来ていた氷河は後退して、穴が残りました。
Marmitte dei Gigantiは公園のようになっていて、20個くらいの穴を順路に沿ってまわることができます。出口でいったん道路に出たら、反対側の階段を降りると、地下の空洞に水が滝のように流れ落ちる様も見られます。

http://www.ghiacciai.info/

写真と歩行は2012年と2018年の8月。

Copyrighted Image

error: Content is protected !!