Col de Jaman チーズを運んだ道とMOB (2) Les CasesからMontbovon

Les Casesの駅。MOBの列車だ!GoldenPassの路線です。

直前のJamanトンネルの開通は1903年。

前回書いたように、Col de JamanとMontbovonの間の道は、1993年にハイキング道として整備され、こんな感じに昔話パネルが設置されてます。また冬はスノーシューの道です。

Les Casesの駅からAllièresまで最初は細道

しばらくして舗装路に出て、線路、道路、川と平行に歩きます。

Auberge de la Croix-de-Ferは18世紀より旅人を受け入れてきた宿。シンプルそうだけどお値段手ごろ。

今回は車道を歩きましたが、川の対岸にも道があります。

舗装路を離れ小道に入ります。上の地図ではCuvigne Devantとある左、標高880mのところにあるのが

Pont du Pontet。1680-1681にかけて建設、1993年に改修されたHongrin川のちょっとした峡谷にかかってる石橋です。 1902年にMOB鉄道が開通するまで主役。グリュイエール地方の牛飼いArmaillisがチーズなどの乳製品を運んだり、Chateau-d’Oexの郵便配達人が毎日通ってた橋でした。

AllieresからMontbovonの間は昔の道が丸ごと残っています。言い方変えるとここを歩くしかない区間。

16:54 舗装路に出るが、表示板のすぐ先で左側の緑地の中の小道に入る

牧草地の中の家をつなぐ道を通って通って。確か右のお家のほぼ庭の中を通らせていただく感じで下りていきます。Les Avantsから歩いてきたと告げたら喜んでもらえました。

もうすぐMontbovon。MontbovonはHongrinとSarineの二つの谷(と川)の合流地点にあり、Gruyere、Etivazとの橋渡しをする重要地点。MOBの線路もここでGruyere方向とZweisimmen方向に分かれます。

17:23 Montbovon駅(797m)着。昔のMontbovon駅はかわいかった。2019年に行ったとき、駅は大幅改修されてまるで街中の駅になっていました。改修したくせにトイレもなくてガッカリだよ!スイス中の駅がどこも似たような感じになってきています。うーん。

歩行と写真は2019年7月中旬

Montbovon- bridges on the ”Cheese road” https://www.schweizmobil.ch/en/cycling-in-switzerland/services/places-of-interest/sehenswuerdigkeit-053.html

Copyrighted Image

error: Content is protected !!