Val Müstairとその周辺 (6) Claustra benedictina da Son Jon a Müstair

Müstairにある修道院 Claustra benedictina da Son Jon a Müstair (英語ではConvent of St. John)。775年、カール(シャルルマーニュ)大帝がロンバルディアで戴冠した後、Umbrail峠(!)を通ってSta Mariaへ戻る途中に雪嵐に遭うも生還し、お礼に修道院を建てた、との言い伝え。

そういうわけで院内には多数のカール大帝の像があります。WikipediaなどChurの大司教の命による建立と書いてるところもありますが、修道院はカール大帝説を採っています。

また近年の研究の結果、使われている木材が伐られた年がカール大帝の戴冠式があった775年の翌年と合致してます。ま、修道院内の発掘研究はまだ始まったばかり(1200年の歴史のうちのごく最近)で継続中、今までの通説がどんどん覆されてるようです。そう、建立から1200年以上の歴史。

こちらがフレスコ画がある教会堂

1983年に認定されたユネスコ世界遺産、スイスで最も早く認定された3か所のうちの一つです(あとの二つはベルンとSt.Gallen)。

フレスコ画は9世紀前半、800年くらいに描かれたカロリング朝時代のもの。この最初のフレスコ画の上に重ねて別の壁画が描かれて、カール大帝の時代の古いほうは長い長い間知られずにいたのですが、1894年になって偶然に屋根との隙間に描かれている部分が発見されました。

1947~1951年に上に描かれ元々のフレスコ画を覆っていたロマネスク時代のもの(こちらは1160年くらい)が取り除かれ修復され、800年ぶりに私達の前に姿を現しました。

ちなみに上にかぶさっていたロマネスク時代の壁画も切り取られて博物館で見られます。

Sta Mariaから歩いてきて、最初の印象は正直「意外に小さい」でした。もっと巨大な修道院はいくらでもありますが、ここは地味。しかし内部は複数の建物で構成されていて、最初の印象よりは詰まっています。

960年にはPlant Towerが建てられ、これはヨーロッパで最古の要塞化された住居塔です。Otto1世の統治下だった当時、サラセン人の略奪が多発してそれに対抗するためです。1499年に再建して今は博物館として使われています。

1799年にはナポレオン対ロシア&オーストリアの戦いにVal Mustairは戦地となり、修道院も兵士が占拠し、修道女たちがMeranなどに避難している間に聖遺物も無くなり、その後は巡礼者も通らなくなりました。

ここは修道院に含まれるのか? 入り口はもっと右

おそらくこの修道院を訪れる人の多くが「なぜにこんな端っこに?」と思われると思いますが、以前はVeltin、Tyrol、Engadineを行きかう旅人の宿にもなっていました。昔は端っこじゃなかったんですね。現在でも修道院内に泊まることができ(個室か二人部屋!)、これが修道院の重要な収入源となっているそうです。

修道院では今でも修道女(2019年は11人くらいだった)がベネディクト派の教え「Ora et labora e lege 祈り、労働、読書」に従って生活しています。創建当時は修道士でしたが、12世紀中旬より修道女が暮らしています。

土産物を買いました。修道女たちが育てて摘んで乾燥させたハーブティー。

Mustairの町の家々(2012)

1983年に世界遺産認定の知らせがあったとき、一番驚いたのが当の修道女たちだったそうです。この頃の建物の老朽化はひどく雨漏りがする中で祈っていたそうです。それから大規模な修復作業があったわけですが、壁画がある教会の中は一年を通して寒いです。壁画保護もあって暖房入ってません。5月下旬でも寒かったので防寒をお忘れなく。

この修道院が世界遺産に認定された理由は、複数の建物全体が創建当時と変わらず使われ続けていること(木製の屋根などヨーロッパで最古のものが色々あるらしい)、中に収められている貴重な品々も含めて数々の建物全部、それに建物の中に生き続ける精神が評価されたからです。

派手なところでは壁画となるのでしょうが、キリスト教徒じゃないと壁画の意味(ダビデ王やキリストの一生とか・・・)はなかなかわからないんですよね。首を切られたサロメの話などどちらかといえば痛いし。

私は博物館のガイドツアーに参加しましたが、シーズンオフだからかドイツ語でしかなく、一緒に行った人に通訳してもらって5分の一くらいの情報を得て、ふ~ん、でした。説明が全然なければガッカリしても無理はないです。

訪れた方の中には遠いところまで足を運んだのに「・・・」的な感想を持たれる方、いらっしゃると思います。世界遺産だからと言って行っただけで感動が両手を広げて迎えてくれるとは限らないよなあ。

修道院の公式HP

https://www.muestair.ch/en/

https://val-muestair.engadin.com/en/val-mustair/unesco-world-heritage-convent-st-john

Copyrighted Image

error: Content is protected !!