Maloja峠の先、Soglioへ

https://map.wanderland.ch/

St.Moritzからは数多くの魅力的なバス路線が出ています。そのうちの一つがChiavenna(キアヴェンナ、ここはもうイタリア)行きのバスで途中Maloja(マローヤ)峠越えが楽しめます。

St.Moritzから西方向、Maloja峠の九十九折り。峠の前までは次々と現れる湖を見ながら綺麗だな~とのんびり気分ですが、峠を越えると違う文化圏。様相は一変します。St.Moritzから1時間、Promontogno Postaで乗り換えて12分、幹線道路からちょっと上がったところにあるSoglio(ソーリオ)にやってきました。

Soglio(ソーリオ)の集落 標高1090m

Soglioは標高1090m。合併により現在はBregagliaの一部です。Soglioの人口は200人を切っていて減少傾向にありますが、ここに宿泊する人数は年間延べ2万人。2015年の「スイスで最も美しい村」選出。というわけでホテルは何軒もあります。そのうちの一つがPalazzo Salis。1630年の建造。Beverでも出てきた一帯の最大有力貴族Salis家のお屋敷。現在でもSalis家の所有ながら1876年よりホテルとして営業してます。内装が豪華のようです。Soglio自体がSalis家の起源で、他にも多数のSalis家のお屋敷があります。(なお、TiranoにもPalazzo Salisという同名の屋敷があります。こちらも同じSalis家の屋敷)

ここからちょっと登ってハイキングコースで東へ。

Graubünden州ではロマンシュ語が話されていた地域が多いのですが、Bregagliaではイタリア語のロンバルディア方言を話されていて、今もそうです。

https://map.wanderland.ch/

Soglioから796番の道、Via Panoramica Val Bregagliaを歩きます。道はMalojaまで続いていますが、今日は途中のParlonghからStampaにおります。

Via Panoramica Val Bregaglia

https://www.schweizmobil.ch/en/hiking-in-switzerland/routes/route-0796.html

Soglioの集落を振り返る

バス停から町の中心を通り、登りきったところから東方向に町を出ます。Soglioは栗の産地で栗のお菓子が名物です。

Bondoの集落

Soglioから南東方向、谷の反対側にBondoの集落が見えます。ここは2017年8月に大規模な山崩れで町が広範囲にわたって被害を受けたところです。(写真は2012年に歩いた時のもの)午前中雨も降っていたのと落ち葉(9月末)でこんな感じ。

Bregagliaの谷

年間320日が晴れというSt.Moritz周辺に対し、Soglioでは年間101日が雨!一番降るのは5月だそうです。

右手の道路を走る郵便バス

谷に沿って走る幹線道路からSoglioまで上る道はやっぱりくねくね。

https://map.wanderland.ch/

Parlonghの分岐 796番のパノラマコースを離れ、Stampa目指して下りる (1274m)

Soglioから1時間半ほどで、Parlongh(1274m)の分岐まで来ました。石造りの小屋がいくつかありました。ここで796番のパノラマコースを離れ、Stampa目指しております。Montaccio(1043m)の集落。

Colturaの集落 (999m)

Colturaの集落(999m)

Palazzo Castelmur。これは道側から撮った写真で、反対側は所謂「お城」の形状をしています。Castelmurさん亡き後は博物館として6月から10月下旬公開されています。7月中旬から8月は11-17時、それ以外は14-17の開館。私は中に入っていません。

http://www.palazzo-castelmur.ch/

家々の外観。スイスのイタリア語圏でよく見られる風情が濃厚ながらも、Engadin地方でよく見られる壁の模様(漆喰壁に描かれてる)も散見されます。
しばらく歩いて、先ほどのPalazzo Castelmurを斜め裏から見る。なるほど二つの塔が見えます。

ようやくStampa

Stampaの町に着きました。Soglioから2時間半くらい。流れてる川はMaira川。この川はやがてイタリアのPo川に合流してアドリア海へ。StampaといえばGiacometti(ジャコメッティ)一族の出身地。Albertoはスイスの100フラン札(もうすぐ新しいのに切り替わるけど)になってます。細っそーい人物の彫刻、というか造形作品が有名でしょうか。Albertoの父、父の従弟、弟二人もアーティストや建築家。彼らの作品もあるという博物館の開館時間も先のPalazzo Castelmurと同様に7月8月以外は14時からで入れず。Giacometti作品以外も地域の展示があるそうです。

ここも博物館(ジャコメッティ一族の作品があるがここも盛夏以外は午後2時からしか開かない)

http://ciaesagranda.ch/

以前お話しした「St.Moritz周辺の多くのホテルで2泊以上するともらえる交通機関が自由に使えるカード」ですが、一部のホテルではSoglioをはじめとするBregagliaへの路線もカバーしています。(2018年現在、ホテルによりカバーされる交通機関の範囲は異なります)。

100CHF札。Alberto Giacomettiと裏に代表作の「歩く男」

また、St.MoritzからはMaloja峠に加え、Julia峠を通ってChurまでのバス路線も絶景です(要予約かも)。

今回はSentiero-panoramicoの一部を歩きました。

https://regio.outdooractive.com/oar-bregaglia-engadin/en/tour/hiking-trail/sentiero-panoramico/3213783/

Bregaglia地域の観光サイト

https://www.bregaglia.ch/en/

http://ciaesagranda.ch/ciaesa-granda/

歩行、写真は2012年9月下旬

Copyrighted Image

error: Content is protected !!