Klausenpass クラウゼン峠(3)峠を越える

Urnerboden(ウルナーボーデン、標高1366m)からKlausenpass(クラウゼンパス / クラウゼン峠、1948m)まで歩きます。村の雑貨屋は午前中なら毎日開いているので食料を調達して、9時少し前に出発!

谷に沿って川、車道が走ります。ハイキング道は川沿い。

春・秋には牛たちがいるはずの所。道跡は薄いがよくマークがついています。
最初の分岐。Urnerbodenから45分くらい歩いたところ。Via Alpina(1番)Klausenpassまで1時間40分の方向を選ぶ。

一旦舗装路に出てからまたすぐに小径へ。木々の中の登り。
森林限界点を超えると視界が開ける。

大きくジグザクに走る車道を横目に。

Urnerbodenの谷の見納め。左側の山塊の端、Braunwaldから谷に下りて歩いて上って、と感傷にふける。

道は石ゴロゴロだが、危険な感じはない。

PostAuto(郵便バス)がラッパの音響かせながら上っていく。

夏の間、牛たちは上に連れて来られて高地の草を食べている。ここは標高1700m位。

最後の舗装車道をつききって進むところ。小径から舗装路に出て舗装路を少し歩く。その時舗装路を下る感じになり、あれ?と思うが、標示をよーく見れば大丈夫。舗装路から、向かいの小径に入り、また登り始める。

つつじに似ているけどアルペンローズ。

幅広の古い道。これは舗装路ができる前、馬車が通っていた道。

Klausenpass着いた! 1948m。

Urnerbodenから登ってくると二時間ちょっとかかり、11時ごろ着。峠には食事処があり、バイクや車で立ち寄る人で賑わっている。写真の方向標示板が掲示してある小屋はトイレで、中の水は飲めないけど、外には飲用可の蛇口がある。この日の宿があるUrigenまで3時間15分の表示。じつはここからが暑くて長かった!

※Trinkwasser (独)eau potable (仏) 飲料水

Kein Trinkwasser(独)eau non potable (仏) 飲料不可水 (ドイツ語のKeinは否定)

Copyrighted Image

error: Content is protected !!