Tour de Gourze (2)

Bois de RomontからLa Duflonneを通って赤丸1のまで来ました。無人販売所の小屋があります。

中央の小屋はパンや農作物の無人販売所

分岐に立っています。地図上では左に進む道のみがハイキング道の緑線で表示されてます。現地の黄色の標示板も左方向にしかなく、しかも今までずっと「Tour de Gourze」とあった地名が無くなり、「Cully」の行先しかありません(2016年8月確認)。実際左の道をとり、そのすぐ先、地図上809mの次の分岐を右にとり、アスファルト道をTour de Gourzeに上ることもできます。

赤丸1と2の間。地図上にはハイキング道とは示されてはいないけど、黄色の菱形のマークがあり、こちらも通れます。

が、実は赤丸1と2の間、地図上には緑線で表示されていませんが、黄色の菱形(ハイキング道の印)はついていて、こちらを歩くこともできます。

大きな家を左に見ながら歩き続けると赤丸2の所に来ます。三差路用の方向表示板があり、「Tour de Gourze」の表示が再び出てくるので、そのまままっすぐ進みます。

最初の三差路。よく見ると右手に表示板がある。

地図上808mとある三差路に来ました。ここからは車止めの先、土の山道を頂上まで30分、高低差100m余りを登ります。

森の中の道では木に矢印や菱形のマークが付けられている。

森の中の山道です。分岐はありますが、よく印がつけてあるので、見通しが良いところを歩くときと同様、先を見て木などにペンキでつけてある次の表示を見つけながら歩きます。

もうすぐ頂上です。右手に古いTour(塔)があるので登ってみます。建立時期は9世紀にサラセン人の侵略に対する見張りとして、とか11世紀にローザンヌの司教が作らせた、と諸説ありますが、1279年の文献には登場しています。基盤が少し残っているだけですが塔の高さは9m、周りの木が茂ってしまっていますが良い眺めです。

湖の反対側の眺め。2016年4月末に撮影。黄色の畑は菜の花畑。

頂上にはレストランがあり、食事か飲み物が撮れます。眺めを楽しんだら帰途につきましょう。湖に向かって下りていきます。

最初の地図上で「アスファルト」とある道を下ります。山道を歩くのに不安がある方は、こちらのアスファルト道の往復にしてもよいでしょう。上るにしても下るにしてもかなりの急勾配ではあります。

続きます。

Copyrighted Image

error: Content is protected !!