2021年 投稿予定

2021年は丑年!なので例年よりさらに牛。乳製品、チーズ、ワイン。チーズとワインをつなぐ道とその周辺(Gruyereグリュイエールと Veveyの間)。日本でも名高いグリュイエールとグリュイエールを(も)作ってるFribourg(フリブール)州を歩いて乳製品を食べに行く旅。そもそもグリュイエールとかエメンタールとか以前書いたSbrinzとかのチーズの名前は何を表しているのでしょうか?グリュイエールといってもグリュイエール以外でも作られてるのですよ(それはともかくグリュイエールの町は中世の趣が残る、とても雰囲気のある所です)

今までほとんど取り上げていないけどVallais(ヴァレー)のブドウ畑を歩いてワインを買って飲む旅。Vallaisのブドウ畑はLavauxよりずっと急斜面にあります。そしてここにはここだけでしか栽培されてない「固有種」が断然多いのです。世界でここだけの頑固なワイン。

おや、偶然にもFribourgとVallaisの両州ともにフランス語圏とドイツ語圏を州内に持ってますね。言語境界線の両側についても書きたいな。

ロングトレイルではVia Francigenaを歩いてSt-Bernard峠まで、Via Sprugaを歩いてグラウビュンデンからイタリアの端っこへ。Via Francigenaは2013年に一度歩きとおしたのですが、自分の住んでいるところの周辺をカバーしているので、ただいま少しずつ歩きなおしています。Via Sprugaは遠いので、おそらく2014年に歩いた時のことを書きます。余裕があったら大方歩き終えているPanorama Alpin trailをちょこちょこと。

2020年に引っ越したので、スイスの引っ越し事情、ゴミ出し事情についてもかけるかな?

明るい話じゃないけどコロナが変えた日常、現状についても書くことになるでしょう。

ここまでは既に歩いていて手持ちの写真で書ける部分。2020年はコロナと引っ越しと、諸々の事情で本当に遠出をしなかったけど、またどこかに出かけることがあったら、その話も書きたいです。

お忙しい中、また読んでもらえたら本当にうれしいです。よいお年を!

1月 いつでも丑年、2021年も牛(牛写真集) 今日の一皿 グリュイエールのダブルクリーム 水仙の咲くころPaccotsを歩く(1)(2) チョコレート列車とグリュイエール Gruyeresの城と街 グリュイエールチーズ(1)Le Gruyere AOP(2)La Maison du Gruyere

2月 Vacherin Fribourgeoisとチーズフォンデュ Caillerのチョコレート工場の秘密 Molesonまでチーズ工房の道 Molesonから Jura Vaudoisの牛たちと万里の長城のような石の壁(1)(2)

Emmental(エメンタールチーズ)の里を歩く

3月 Emmentalの里を歩く

Col de Jaman チーズを運んだ道とMOB (1) Les AvantsからCol de Jaman (2) Les CasesからMontbovon

本日の一皿 Malakoff

3月7日の国民投票「顔を覆うことの禁止」アンチ・ブルカ法の可決 目と目が合ったら恋の始まり、ではない

Eclepens セメント採石場と未完の運河(1)

4月 Eclepens セメント採石場と未完の運河(2)

Via Spluga (1)ThusisからChiavennaまで68㎞(2)Thusisから城跡Hohenratien(3)吊り橋Traversinersteg(4)Viamalaは「悪路」の意味(5)Zillisの教会の天井絵 (6)バスでJufへ

COVID-19とスイス レストランが(ちょっと)開く 新型コロナワクチン(1)申し込みや連絡はネットで(2)Vaud州の場合(3)接種当日

5月 Via Spluga (7)Rofflaschlucht (8)(9)極秘だった軍事要塞Crestawald (10)Splugenに到着 (11)Monte Splugaから峠まで (12)Splugenの峠とトンネル (13)Marmobruckeを経てSplugen

6月 Via Spluga (14)イタリア内を歩く(15)(16)(17)(18)(19)(20)

7月 スイスで話されているドイツ語 スイス映画から

8月

9月

10月

11月

12月

Copyrighted Image

error: Content is protected !!